行動範囲に店舗がある人、マメな人、にベイシアカードがお勧めです!

ベイシアカードは、ベイシアやカインズホーム、オートアールズなどで使えます。(系列が同じなので、ほぼ行動範囲に店舗が並んでいます)100円で1.2ポイントなので還元率も悪くありません。食料品から日用品、車関係まで全て揃うので、日常のお買い物には大変便利だと思います。週1回ベイシアとカインズを「はしご」すれば困ることはほぼ無いです。アッという間にポイントも貯まります。貯まったポイントは商品券と交換です。この商品券は会計時、お釣りが出るので無駄なく還元された感じです。貯まった商品券で、普段買わない様なワンランク上の食材を買ったりしてみるのも楽しみの一つです。唯一のデメリットはポイント交換が多少面倒なことです。もちろんネットや郵送で交換は可能ですが、期限が1年で消滅。しかも500ポイント、1000ポイントからの交換なので、うっかり499ポイントで1年を超えてしまうと消滅してしまいます。ものすごく損した気分です…。ほかのカードだと、貯まったポイントはその場ですぐに使えるカードもありますもんね。ポイントの管理や交換を忘れずにできる人(苦にならないマメな人)、自分の行動範囲に店舗がある人にはお勧めのカードです!

なんでも1%が引かれるお得なカード

私は5年ぐらい前にクレジットカードを持とうとしたとき、お得なクレジットカードがないかいろいろカード会社を検索しました。その時、すべての購入金額から1%分を現金で引くというp-oneカードを見つけました。今はなくなってしまいましたが、当時はポイントも付与されていました。そのポイントは後から現金化できたかと思います。早速、水道光熱費はそれまでコンビニ払いにしていましたが、すべてカード払いに変えました。毎月必ず発生する費用であり、夏や冬には光熱費の出費も多くなります。そのような固定費を1%引かれるカード払いにすることによって、年間に差し引かれる金額は大きいものになります。
例えば毎月水道光熱費で8,000円のときは80円が引かれて請求されることになります。たかが80円ではありますが、1年にすると960円、10年では9,600円、そこに住んでいる限り水道光熱費はかかりますので80歳までにするとどうでしょう。30歳からはじめたとすると50年あり、そのトータル差引額は48,000円にもなります。水道光熱費だけではありません、普段の買い物でも1%引きの恩恵を受ければその差し引かれた金額は多額なものになるでしょう。早くに気づき活用するべきだと思います。

SEIYU・セブン・西武・他のお店のお買い物でも大活躍!

私はよく西武百貨店を利用するので、クラブオンカードを作りました。クラブオンカードにはクラブ・オン/ミレニアムポイントと永久不滅ポイントの2種類があります。

まず、クラブ・オン/ミレニアムポイントは、1,000円以上のお買い物の際にカードで決済すると、5?7%のポイントがつきます。このポイントは普通のポイントカードと同じで、次のお買い物の際に1ポイント=1円として利用することができます。
私は、百貨店では主に化粧品や衣料品を購入しますが、百貨店の商品は高値で結構ポイントを貰えるので、毎回必ずポイントを使って値引きしています。気軽にポイントが使える点がメリットです。
また、クラブ・オン/ミレニアムポイントは、西武百貨店のみならずセブンイレブンやそごうでもクレジット決済をすると同様にポイントがつきます。

次に、永久不滅ポイントについてです。これは、上記に挙げた店(西武百貨店・セブンイレブン・そごう)+上記以外の店舗やオンラインでクレジット決済した際につくポイントのことです。1ヶ月のクレジット決済総額1,000円で1ポイント付与されるので、1回の買い物が1,000円未満でも1ヶ月で1,000円超えたらポイントがつきます。永久不滅ポイントは200ポイント以上でクラブ・オン/ミレニアムポイントに換えることができます。
個人的に、永久不滅ポイントをクラブ・オン/ミレニアムポイントに変換するには少し手間がかかるなと思うのですが、なんと、永久不滅ポイントは200ポイントで、1,000ポイントものクラブ・オン/ミレニアムポイントになるので大変お得だと思います!
また、クラブ・オン/ミレニアムポイントに換えるだけではなく、商品券やアイテムに換えることもできます!

百貨店以外のお買い物でもクラブオンカードを活用しています。
私の家は近所にSEIYUがあるのでよくお買い物します。SEIYUは毎月第1・第3土曜日にセゾンカードを利用すると、5%オフで買い物ができます。クラブオンカードはセゾンカードの一種なので、もちろん5%オフになります!もちろん買い物をすると、永久不滅ポイントも貯まりますので、一石二鳥です。

私にとってクラブオンカードは、ポイントを貯めるのも楽、還元率も良いです。なので、ラブオンカードを作って良かったです。

イオンを日常的に利用するなら必携のカード

イオンカードは、特に日頃からイオンを利用しているイオンユーザーに恩恵が高いクレジットカードです。
イオンで買い物をすればいつでも200円(税込)ごとにときめきポイントが2倍貯まります。
普段からイオンで食料品を購入する人にとっては、ポイントが貯まりやすいですね。
また、毎月20日と30日は「お客様感謝デー」が実施されていて、クレジットカードまたはWAONでお買い物が5%割引されます。
メリットは、イオンでのショッピングだけではありません。
イオンシネマのチケットをイオンマークの付いたクレジットで支払うと300円割引されます。
さらに「お客様感謝デー」の場合は、入館料が1,800円のところ700円割引されるのでお得ですよ。
映画が趣味な人にとっても、イオンカードを持っているとメリットが大きいです。
持っていることで数多くのメリットがあるクレジットカードですが、年会費は一切掛かりません。
最近は、クレジットカードを保有していてポイント還元率や特典が減ってしまうカードもありますが、このカードの特典内容は昔からほぼ変わっていません。
普段のショッピングなど、日常生活では使い勝手の良い1枚です。
クレジットカードを新たに作成する時は、審査がありますが比較的通りやすいことでも知られています。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード

年会費に関しては1100円です。ただ年間で10万円以上のクレジット払いがあれば、
1100東武ポイントが付くので、実質無料と考えて良いと思います。
(東武沿線沿いに住んでいる方で仕事勤めをされていて定期を購入すれば10万円は超えると思われるかです)

ポイントと日常生活の利用に関しては上記の事とは別に定期を購入するとその金額に対して1.5%付きます。
(定期代10万円:100000円*0.015=1500 左記の計算でポイント付く計算です)
お店で言えば、『東武ストア』というスーパーで1000円以上クレジット払いすれば100円に付き1ポイント付きます。
また定期的に第2,4日曜日は5倍デーをしているので100円に付き5ポイント付きます。
他にも私が利用している店ですと『草加ヴァリエ』や『越谷ヴァリエ』でも5の付く日に5倍デーをしていて、
『越谷ヴァリエ』では不定期ですが10倍デーをしているのでそれぞれ100円に付き5ポイント、10ポイント付きます。
その為ポイントはとても貯め易いと思います。
(その他のお店でも東武百貨店でもポイントは貯められます)

ただこのポイントの有効期限はカード発行してから1年間、更新をしてから1年間の縛りがあり、
ポイントに関しても1000単位で貯めて東武商品券に交換をしないと使えなく、その商品券も有効期間が6ヶ月間で商品購入の際はお釣りが出ないので1000円以上のものを買わないといけないデメリットがあるので注意が必要です。
(上記のデメリットはポイントを意識して生活すればそこまで大きいものではないと思います)

付帯サービスとして国内旅行保険や海外旅行保険は付いてないです。

海外旅行のせいでクレジットカードの地獄にはまる

自動車ディーラーでOLとして6年働き、気づけば友人の半分は結婚してました。そして私もと焦っていましたが、ストレスにつながるのか、最近クレジットカード使っての買い物が増えています。それも日常品の買い物だけならいいですが、洋服、化粧品買うにもほとんどカード利用してます。それに年1回は必ずしてる海外旅行の支払いが大きいです。そして海外旅行の支払いすべてカードで済ませていて、航空運賃はじめホテル宿泊代、現地のショッピングなどすべてカード払いです。したがって一度の旅行で30万円は使います。そして私の給料な手取り19万円ほどで、ここから家賃6万5千円払って、クレジットカード支払い7万円で、これだけで13万5千円になり、残りは5万円足らずですそこから携帯代や光熱費など差し引いて3万円ぐらいしか残らなくて、食費や雑費に与えられるのはこれだけですそして最近スーパーの買い物のクレジットカード払いが珍しくなくなっていて、そうした支払合計額を後でカード会社に連絡しリボにしてもらっています。そして、いったん一括で契約したものでも後でクレジット会社へ連絡すると簡単にリボに変更できたりします。こうしたこと続けて借金地獄にはまってしまって、カード破産の夢さえ見るぐらいなのです。こうなったのもすべてクレジットカードのリボのせいでした。ですが甘い汁吸いすぎた私がすべて悪いので誰も責められないと思っています。皆さんも注意しましょう。

クレジットカードの即日発行の申し込みと注意点など

クレジットカードの即日発行には、大きく分けてインターネットで申し込むか、店頭で申し込む方法があります。
インターネットでの申し込みだと、即日発行は無理そうな気がしますが、インターネットで申し込んでから、店に向かうことで、即日発行でカードを貰うことが可能です。

店頭で申し込む方法は、店に行ってからそこで、クレジットカード発行の手続きをすることになります。
手続きが完了したら、クレジットカードが貰えるのですが、店の手続きで貰えるのは、仮のカードだと言われています。
仮ではない実際のクレジットカードは、後日郵送になるという話です。

このことから、インターネットで申し込む方が、素早く即日発行ができるとされています。
しかし、仮のカードでも限度額は少ないですが、買い物はできますので、インターネットの申し込みがどうしても嫌な場合は、直接店で手続きするのも悪い方法ではありません。

次に即日発行で必要なものを話します。
まずは、運転免許証やパスポートなどの本人確認できるものです。
運転免許証とパスポートには当然あるものですが、本人確認書類には自分の写真があった方がいいです。

学生証は本人確認に使えない話があるので、免許証かパスポートを用意する方が無難でしょう。

それから、キャッシュカードが必要になります。
キャッシュカードというのは、ほとんどの人が持っている銀行のキャッシュカードになります。
具体的には、キャッシュカードと銀行の口座番号、暗証番号を用意しておきます。

クレジットカードで使ったお金は、銀行から引き落とされますから、キャッシュカードと銀行の情報はとても重要です。

クレジットカード即日発行のためには、即日で審査をすることになります。
会社が、クレジットカードを発行していい相手なのか、審査をします。
そのため、申し込みの時に記入する情報が正確でないと、即日発行できない場合があります。

即日発行をしたいために、申し込み情報の記入を急いでやりたくなりますが、そこでは焦らずに、正確な情報を記入するようにしたいです。

もし、記入する内容が分からないという事態になったら、クレジットカード会社に記入内容を確認するようにします。
会社のサポートセンターなどに電話で連絡してみましょう。
そして、その電話で重要な点があるのですが、申し込みをしたら電話をいつでも受けられる状態にしておきます。

電話をかけて本人確認をするクレジットカード会社があります。
または、申し込み内容に不明な点があると、クレジットカード会社が電話で聞いてくることがあります。

クレジットカードデビューはアプラス

私が初めて持ったクレジットカードはアプラスカードでした。
アプラスカードに決めたり理由は、行きつけのガソリンスタンドがアプラスカードで支払うと一番お得だと分かったからです。
アプラスカードはネットで申し込み、審査の後3日くらいで自宅に郵便局の方が届けてくれました。
アプラスカードの年会費は基本は1,000円だったのですが、1年に一回だけでもカードを利用すれば無料になるというシステムでした。
いつもガソリンを入れるときに使っていますが、最近では他の買い物もカード払いにしています。
私が使っているアプラスカードはTポイントカードと一緒になっているもので、通販などでTポイントが貯まるとそのままそのポイントがガソリン代として使えるというのがとても助かります。
Tポイントは1ポイント1円なので、例えば100ポイント使用したらガソリン代が100円安くなるのです。
Tポイントは買い物をしているだけで知らず知らずのうちに貯まっていくので、本当にお得だと思います。
アプラスカードは銀行と紐付けすることで全ての支払いを一つにまとめられるので、毎月自分がどれくらい買い物をしたのかが分かりやすいです。
まだお金を借りたことはないですが、いつでも借りることが可能というのも心強いです。

避けてきたクレジットカード

家族に昔からクレジットカードはなくしたら大変だ、クレジットカードは悪用されるとおしえられてきたのもあって、クレジットカードは持たないで済むならばあまり持ちたくないと子供の頃から思っていました。
でも、二十歳の頃にとある料理教室に通うことになり、そこでの支払い方法がクレジットカードのみでした。まだクレジットカードを一枚も持っていなかったのでおすすめされた年会費が無料だったライフカードを契約して、心配だったので限度額を一番最低の5万から10ほどに設定しました。
契約してからいつも持ち歩いている財布に入れたままにはしてましたが、料理教室以外ではクレジットカードを使っての支払いは解約するまで一度も使いませんでした。
あれから何年も経ち、最近はお得になるキャンペーンや高い割引率があるクレジットカードが増えてきたので、ずっと避けてきたのですが家庭で一枚だけクレジットカードを持つことにしました。
当時はドコモの携帯を使っていたので、ドコモの?カードゴールドで、年会費は1万円です。
ポイントは付くのですが、使っている額に比べると少なくてその上年会費も高いのであまりお得感はありませんでした。
ドコモの携帯を使っていた時はまだメリットがあったのですが、携帯会社を変えた今はそれもなくなったので違うクレジットカードにしようと思っています。

PiTaPaカード(三井住友カード)を利用したネットショッピングでカード情報が漏洩

ネットショッピングをよく利用していて、支払いはたいていクレジットカードで行っていました。
決済を即済ませられて、商品の発送・入手が早くできるのでとても便利に感じていました。
ところがある日仕事中にカード会社から電話がありました。
カード会社からはキャンペーンのお知らせなどの電話が時々かかってくることがあり、この時は仕事中だったためちょっと迷惑だなと思いながら電話に出たのですが、カード情報が漏洩したらしい旨を知らされて大変驚きました。
どうやらネット通販で使用したショップから個人情報が漏洩し悪用され、巨額な請求が発生しているとのことだったのです。
幸いにしてカード会社側が不審に気付き支払いを止めてくれたので、損失を被ることなく済みましたが、カードは即停止、再発行ということになりました。
普段何気なく利用しているクレジットカード、個人情報の漏洩事件はニュースなどでもよく耳にする機会はありましたが、身をもってその危うさを経験することになりました。
以来、ネットショッピングでのカードの利用は信頼できるショップに限定するようにして、初めて利用するショップでは用心のため銀行振込などの別の支払い方法を利用するようにしています。