手軽にどこでも使えるオリコ

【年会費】
無料です。
【ポイント】
原則100円で1 ポイント貯まります。オリコモール経由で買い物をすると、より高い率でも貯めることができます。経由するのが面倒ですが、お店に依ってはとてもお得です。私はほとんどの支払いをこのカードに集約しているので、気がつくと5000ポイントくらい貯まっていてお得感が強いです。
ポイントの交換先も豊富で、アマゾンギフト券やナナコポイントへの交換をよく利用しています。
【付帯サービス】
上記2点に注力したカードであるため、付帯サービスはかなり弱い印象です。もちろんカスタマー対応はしっかりしていますが、保険やその他優待は期待しないほうがいいと思います。

【私の中でのメリット】
ポイントが貯まる。これにつきます。
VISAとMasterが選べるので、使えないお店はほぼゼロです。また、電子マネーにも対応しており、iD もQUICPayの両方使えるのがとても便利です。コンビニとかでも気軽に使えると思います。

【私の中でのデメリット】
おさいふケータイに対応していません。せっかく電子マネー搭載なのにもったいないです。また、マイページが見にくいのも感じています。明細の確認が少しやりにくいです。

優待等も豊富なエポスカード

新たな部屋を借りる際に、その家賃の支払いとして、エポスカードでの支払いが指定されていた。そこで、初めてエポスカードを作成したが、その制度の仕組みを見ると、貯まったポイントについては、家賃へ充当されるため、結果として、エポスカードでの支払いの方がお得という内容であった。確かに、支払い詳細をみると、私の場合、そもそもの家賃支払いにより約500ポイント程が毎月貯まり、それを家賃へ充当されているようでした。それをきっかけに、メインで使うカードをエポスカードに切り替え、普段の支払いもカード中心となりましたが、それによるポイントも家賃へ充当されるため、月によっては、思ったより充当されていることもありました。そのように支払いを続けていくと、カード会社より、ゴールドカードへのランクアップ案内が送られてきて、また、会費は永年無料との案内がありました。その時は、無料ならやっておこうくらいの気持ちで切り替えを行いましたが、後から調べると、空港ラウンジが使えるサービスなど、かなりお得なカードであること知り、切り替えてよかったと思いました。その他にも、映画館へ行った際、支払いをエポスカードで行ったところ、割引ができますと言われたり、カラオケでも同じように割引をしてもらったり、自分が意識して使わなくても、割引ができる特典店舗の多さに驚きました。今後は、優待特典なども意識しながら、さらに使用していきたいと考えています。

ヤフーカードの使い勝手の良さと利便性について

『ヤフーカード』は数ねん前に申し込んだ。きっかけは、国内最大のポイント「Tポイント」が使えるからだ。レンタルビデオ店ツタヤでカードを使用し、その後、全国でポイントを使用できるようになった。『ヤフーカード』はクレジットカード機能も付与されているので、Tカードのみの使用、つまり現金決済よってポイントの付与も可能だし、クレジットカード単体でも使える。クレジットカードの使用額からおおよそ1パーセントのTポイントが付与されるので、例えば、月額3万円クレジットカード決済をすれば、300円分のTポイントが付与される。Tポイントの素晴らしい点は、1ポイントから使用でき、ガソリンスタンドやコンビニ、ファミレスなどで、1ポイントが1円で使用できる点が素晴らしい。また近年のUQコード決済と紐付ければ、UQコード決済の還元によるポイントと、『ヤフーカード』のポイントを二重に受け取ることができる。少額決済者にとっては最強のクレジットカードと言ってもいいかもしれない。一人暮らしの方や、支出が少ない方に非常におススメなカードである。当然ヤフーショッピングでも使用できるので非常に便利だ。欲を言えば『アマゾン』でも使用出来れば文句はないだろう。